2011年春夏のテーマは本当に「Fake」なのか

この記事をオススメする!




ネットショップの予約コーナーの情報によると、
2011年春夏のテーマは「Happy “Fake” Island」でした。
「Fake (フェイク)」のネーミング通り、だまし絵やホンモノを模した
デザインのシューズが登場しています。

例えば、

ワッペンのようでワッペンでないものとか、


チョコレートのリアルな写真をプリントしたものとか。
ある意味目を疑ってしまうようなデザインが施されています。
履き合わせしやすいかどうかは別として、見てて楽しいですよね。

しかし公式サイトにはその「Fake」に関する記述が一切ありません。
ニュースのページにも、各商品ページにも見当たりません。
唯一テーマと言えるようなものは「Design Yourself」ですが、
これはブランドスローガンでちょっと違うもんなぁ…。

ちょっと調べていたらこんなページを発見しました。
CONVERSE 2011SS EXHIBITION VISUAL

なんと、2011年春夏展示会の壁面に飾られていた絵だそうです。
これは美しい…。この世界観はまさに「Happy “Fake” Island」
ぜひリンク先の画像をご覧ください。

(2006年頃からコンバースのWebサイトやキャンペーンを
手掛けている会社みたいですね。初めて知った…w)

ここまで色々と準備をしておいて、いざシーズンが来たときに
このテーマが公式に発表されていないのはナゼでしょうね?
制作段階でなくなっちゃったんでしょうか。
明確なテーマがあった方が商品の説明もしやすいと思うのですが…。

むむむ。なんだかもったいないぞ…!

この記事をオススメする!

RSSで更新情報をチェック!

こちらもあわせて読む!

スポンサーリンク




スポンサーリンク